トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

活動日誌/2008-2-17

 第7回定期公演  午後2時  千葉市美術館さや堂

「千葉バッハ合唱団」と名乗ってから最初の大きな演奏会を、無事成功裡に終えることができました。

ご来聴の皆さま、本当にありがとうございました。

共演してくださった楽器奏者のみなさん、オルガンの石井氏、ステージマネージャーの宮本さん、お手伝いくださったコーロ・ルミノーソさん、その他ご協力、応援してくださったたくさんの方々に、心より御礼申し上げます。

《曲目》

  • G.P. Palestrina/バビロン川のほとり 
  • M. ペダーセン/つらい別れ
  • H. シュッツ/Deus misereatur nostri 神がわたしたちを憐れみ
  • J.M. Haydn /Laudate Pueri ほめたたえよ、神の幼子たちよ
  • D.F. Gounod/第2ミサより Agnus Dei
  • G.F. ヘンデル/トリオ・ソナタ 作品5の2 (器楽)
  • H.L.Hassler/ Mehr Lust und Freud より多くの楽しみと喜びを
  • [宮廷歌曲集]より J. Encina/ Fata la parte Una sanosa porfia Oy comamos y bebamos 
  • W.Byrd/4声のミサ曲より Kyrie, Gloria
  • J. S. Bach/カンタータ 第140番 《目覚めよと呼ぶ声が聞こえ》より 
  • J. S. Bach/カンタータ 第150番 《主よ、われ汝を仰ぎ望む》

「病気も治る?」千葉バッハ!

お寄せいただいたアンケートの中に、信じられないような奇蹟が! 70代女性のお客様ですが、30年来悩んでいたお体の症状が、私たちの演奏を聴いているうちに解消してしまったのだそうです。ルルドの泉も裸足で逃げ出す?われらが「千葉バッハ合唱団」恐るべし! 何ともうれしいことですね。(歌っている方は、腰痛やら目の霞みやら抱えているのですが...)

○いろいろな事情で、今は合唱塾から離れている元塾生たちも、駈けつけてくれました。会えてよかった! みんな、合唱塾はいつでも復帰を待ってますよ。

 次回の予定  2008年2月24日(日) 6時より 真砂CC

反省会:先生の講評、叱責?今後の抱負、各自の感想、憤懣?電撃発表!何でもアリのミーティング

いただきもののお菓子が大量にあります。マイドリンクご持参でどうぞ。

※当サイトはIE5.5以上でご覧ください。 最終更新時間:2009年04月17日 00時05分46秒