トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

活動日誌/2006-10-22

 特別練習  「聖グレゴリオの家」 聖堂にて  by 橋本周子先生

  • はじめの発声
    • 良い声を出そうと考えない。 身体を自然に開放する。
    • 母音のかたち、顔を「作る」のではない。響く位置はひとりひとり違う。
    • たとえば、巻き舌のみで ドミソミド… ソファミレド…
    • 上の犬歯を両手の親指で持ち上げたまま a-e-i-o-u… 上あごが上がり、のどが必ず開く。

  • グレゴリオ聖歌 Ave verum corpus
    • ことばを語り、響かせるだけ。音楽に作ろうとしない。
    • もともと符点等はない。ことばを言うのにかかる時間だけ、長くなる。
    • 淡々と感情を交えずに歌うべきというのは大きな誤解。グレゴリオ聖歌には聖書の詩篇のことばが使われ、その中には喜怒哀楽、人間のあらゆる感情が含まれている。
    • 息を吸ったら(停めて詰まらせず)そのまま歌い出す。
    • Virgine : イの口の形のままエを言う。音が下がっても設定位置を変えない。その方が倍音が出て余韻が生じる。
    • Passum : 最も過酷な処刑の筆舌に尽くせない「苦しみ」。ssを言うタイミングは、身体が知っている。「子音で音楽する」
    • aqua et sanguine : 死を確認するため兵士が脇腹を槍で突くと、キリストの「命の水、と血」が流れ出た。ことばの重み。
    • praegustatum : 神の存在を「舌で味わう」―聖餐― それにより、死を恐れなくなれる。
    • O Jesu dulcis : O は感嘆。下の(前の)音を長めに。3回目の初めの O 持てる最も美しい声で。次の3音は飾り。しっかり支えがあれば自然に軽くできる。
  • W. Byrd/Ave verum corpus
    • 安易には歌えない、深い内容の、切実な思いの込められた曲。
    • バードやタリスなど当時のイングランドにあって、王権に就く者が替わるたび、カトリックとプロテスタントが目まぐるしく交互に理不尽な迫害を受け、自らの信仰を貫くことは命がけであった時代に、時には投獄された牢屋で書いたのかもしれない、状況を想像してみる。クリスチャンではなくても、少なくとも作曲家の意図を考えてみようとすることは必要。
    • ハーモニーの動きによって、歌詞の意味を表現している。修道僧たちは「食べるようにして」歌詞や聖書のことばをわがものとしていた。
    • 全体を定規でキチッと測ったように。間延びしない。
    • Cujus latus 〜 :  真っ直ぐに。悲痛で残酷な場面のここで、突然最も明るい調を敢えて用いる意図は...。そのキリストの犠牲により、私たちはあの世での至福を約束されたのだ。
    • Esto nobis : 同じくまっすぐに。静かで穏やかに。
    • O dulcis 〜 : 滞りなく川のように息が流れて。神ではない人だが、イエスを心からの愛情で慈しみ育んだ母マリアへの、憧れの気持ちを。人間的に。
    • miserere mei : 4声の旋律のずれ。「どうか私を救ってください、信仰を守らせてください」という皆の願いが、次々と波のように押し寄せる。
    • Amen : 「はい、そうです。あなたを信じています。ただひと目なりとあなたが私を見てくださるなら、私は至福を得られるのです」の心。
    • 歌を聴いた人が慰められる、そこにこのような歌を歌う意味がある。
  • J. S. Bach /カンタータ182番より 2.Coro
    • 4パートが殆どすべてをカノンで歌い、縦糸と横糸で錦織りなす形。モチーフ部分をくっきりさせる。他のパートの装飾部分(喜びの気持ち)はピアノで。
    • サーカスの綱渡りのように、細い1本の線上をす〜〜っと。
    • バッハの16分音符のメリスマは「超レガート」で、玉が転がるように。母音を突いて言い直さない。軽くなめらかに。上昇形は速目に。
    • 16分音符の続く長いフレーズのアーテュキレーション。(主に)上昇形の始まりで切り、いくつかの塊として捉える。
    • 同じ音価が並ぶ時、必ずあいだに隙間を。
    • 21小節 Himmelskonig : 明るく音を(前に)飛ばす。身体から離れさせる。
    • 23小節 3回の uns : 和音の変化。ゝ興始-大事な音 △笋気靴ぁ´D-dur に。どう表情をつけるか。
    • 25小節 uns dein : ソプラノは「飾り」スタカートで。音をきれいに。ことばは要らない。
    • 同 Komm herein! : すてきに変調するところ。母音を長めに、丁寧に「呼ばわる」気持ち。
    • B Aとは全く性格が異なる。なだらかに、歌い手の内面を表現。
    • 31小節 アルトの uns 減5度の特別な音。「私の心の中にあなたが住む」という、ある意味異常な、只事ではない重大な事態を表す。
    • 41小節 ソプラノ Himmelskonig : koを長く、テヌート。その前のmelsを早く短く。
    • 自分のパートを歌うことだけに懸命にならず、互いに聞き合って作り上げる。
    • 何を、どのようにしていったらいいのかを考えるのは、すべての基本。
    • 和声の動きなども研究してみる。必ず割合短いタームで元に戻って来て符合するように作られている。
  • J. S. Bach/Domine Deus (二重唱)
    • 生贄となる子羊は何も言わない。同じように刑場に引かれて行くイエスも、ただひたすら歩みを進め、黙して一言も語らなかった…

:長時間に亘り、非常に密度の濃い、敬虔なお気持ちのひしひしと伝わる、深い内容のご指導を受けることができました。:教えていただいたことはとてもここに書き切れるものではありませんが、各自の胸の中と脳裏にしっかりと刻まれたことでしょう。:せっかくの今日の時間を大切に、今後の歌に反映させていきたいものです。

:指揮法講座からもお二人が参加されました。

:ピアノの樋口かおりさんも、遠路わざわざ本当にありがとうございました。

:終了後、D樹さんが「先生、また来てもいいでしょうか」とお尋ねすると、スケジュールが空いている時ならとのお返事の後,「この合唱団をもっと上手くならせてあげたい」「反応がいい」(!)とおっしゃっていただきましたよ。

配布物

  • J. S. Bach/カンタータ182 とカンタータ196 の歌詞と発音記号のプリント 2枚組 U子さん お手製の労作です。ありがとう!こういうのが欲しかった。

 次回の予定 10/29(日)   真砂C.C. ホール 午後6時より

午後5時より利用は可能です。要連絡

練習予定曲

岩Iさま、よろしく?皆さん、大体わかりますね。

※当サイトはIE5.5以上でご覧ください。 最終更新時間:2006年10月23日 10時16分28秒